ふたりせいかつ

<   2005年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Mar 31, 2005


いい女への近道、その壱

それは、自分だけの色を知ること である。


TOP PAGEのデザインも素敵

COLOR STROLOGY



↑のページを開けば、自分の誕生月カラー、そして
自分だけのバースデーカラーとプロフィールまで教えてくれる。

よくある "自分に似合う色" とは違った、"自分のテーマカラー" と出会えるのである。

ちなみに、私の場合は…





ふむふむ。さっそく訳してみると… (英語の復習にもなる)


        この日に生まれたあなたは、あなたが選ぶ
       どんなキャリアや職業の専門家にもなる傾向
       があります。 あなたは仲間指向があり、誰か
       と健康的な関係にあるとき、最も機能的に役
       割を果たすことができます。

        あなたは極端な性質なので、独断家になり
       すぎないように注意してください。 この色は、
       あなたの劇的な性質、あなたに不利となる偏
       見を抱かせる考えや概念を希釈するのを助け
       ます。

        この色を身につけ、熟慮し、取り巻かれること
       によって、古い習慣は新しいエネルギーに満たさ
       れ、概念の形成が制限されます。


極端な性質かどうかは置いといて、独断家というのは確かに頷ける。かも?


ランプの魔ぱんだ


私も自分だけのカラーを見つけたい!と思った方は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-31 19:37 | Usual days

Mar 30, 2005


もうすぐ、3月も終わりである。寂しい。

新しく買おうと思っている シャギーラグ (めちゃ安…) を
アイボリーにしようか、ベージュにしようか、と迷っているあいだに

黙々とコタツを片付けたあと、掃除機でホットカーペットの
埃を取り、雑巾とバケツを持ってきて床を水拭きまでしていた 。 

そのあいだ私がしたことといえばピザの注文くらいだろうか。

自分に自己嫌悪しすぎて、もう、
ピザが美味しくないってのも久しぶりだ。

また、家事ができなくなってきた。もとい、やる気がわかなくなってきた。

家事がデキる女になれるのは、いつの日か!?



お洗濯・お料理は好きなんだけど、掃除はちょっとねえ…という方は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-30 17:33 | Usual days

Mar 25, 2005


そうだ、京都に行こう。

というキャッチコピーよろしく、京都へ小さな旅をしに行ってきた。

目的は、さ迷っていた気持ちを見つめなおすため。
京都という町には素敵なヒントがいつも必ず落ちているのだ。

26日の朝、私は電話の着信音で目覚めた。

ちゃん?京都に行く前に、一緒にお昼ご飯食べない?』

という、彼からの電話だった。
すぐに用意する、と言って電話を切った。

朝から用事で出かけていた彼との待ち合わせに急いでいると、

 「今出川?京田辺?京都の大学は、キャンパスが
   二つのがめっちゃ多いねん。きっと今出川やと思うけど。」

というメールがきたので、急いで はあちゅう主義 にアクセスした。

そう、私は京都に、彼女に会いに行ったのだった。

やっとのことで用意を終え、一泊分の荷物を持ちダッシュで駅に走ると、彼は居た。

『パタパタと慌てて走ってきちゃってー。もう。』

と言って笑っている。私にとっての全速力が、彼にとってはひよこ程度か。

急いで切符を買い、電車に乗って、彼にせっかく待ってて
もらったのに悪いけど、時間がないからお昼は無理ですと伝えた。

それなら、蓬莱の肉まんを2人で食べよう。と彼は言った。

はあちゅう さんに持ってってあげたいな、ナイスアイデア!と、馬鹿なことをふと思った。

高校からの友達とのバンド練に行く彼と肉まんを買って、
阪急電車のホームで、気をつけてねと言われてさよならをした。

乗換えの十三駅に到着したよ、とメールを送ると

 「間に合いそうやな。烏丸駅の改札西口あたりにいるわー。」

という返事がきた。送り主は同志社大学1年生の友人。
この小旅行の大事な同行者であり、高校時代の元彼でもある。

彼が電車の時間や乗換えの駅名を調べてくれたおかげで、随分安心だった。

しかし、なにせ京都に1人で来るのはこれが2回目である。
1番速い電車がわからず、急行に乗っていると時間が迫ってきた。

高槻駅にて運良く特急がきたので、乗換えることにした。

講演に途中入場するなどという失礼なことは絶対に避けたかったので、
KGB代表であり、講演会実行委員でもある○田さんに問い合わせしたところ
開始時刻迄に入場されれば大丈夫ですよ、と大変親切に教えて頂いた。

烏丸駅で友達と合流し、同志社大学の今出川キャンパスに
またもやダッシュで駆けつけるも、講武館の場所がわからず大慌て。

同志社大学、広い…。自分の大学が箱庭に思えるほど。

途中入場は避けられないか、と泣きかけながら講演会場に着くと
まだ講演は始まっていなかったので、失礼にならなくてほんとうに良かった。

事前に予約をしていたので、受付で名前を言って会場に入ると

『右側のお席前から5列目までか、左側のお席ならどこでも自由にお座りください。』

と案内役のお兄さんが丁寧に説明してくれたので、
1度は右側に座ったものの結局左側の前の席に落ち着いた。

しばらくすると、噂の はあちゅうさん と さきっちょさん がいよいよ登場!!
(実は舞台横の小さなドアから出てくるとばかり思って凝視していたけれど、後ろから)






まず、お2人共、めちゃくちゃ細い。


アイドルみたい。


存在自体がキラキラ(本気で)。







まず、さきっちょさんの服装は、黒のドレープカットソーに
グレーのセクシーなチャックとチェーンがついたデニムミニスカートと
黒の網タイツ+ブーツといった鼻血モノ…!(女子です)。

そしてはあちゅうさんは、ピンクのフリルとリボンのついたアンサンブルに
黒字に花模様の透け感がこれまたとてもセクシーなフリルスカートにサンダル。

と、東京の女子大生さんというものはこげなものなのかと恐れ入っていた者が1人…。

某超有名東京私立大学に通っているにも関わらず、2年経った今でも
彼女はおろか好きな人すらできていないという親友(オス)を問い詰めたくなった。

こんなにセクシーな女の人たちが学校にうじゃうじゃ居るのか!?と。

しばし見とれていると、お2人ともとても緊張なさっている様子だが
司会の方がとても質問+仕切り上手な方だったので、だんだんと私たちに
向けて笑顔で話しかけてくれたりするようになってきて会場が一気に和みムードに。

講演会の形式としては、司会の方が舞台の右側に立ち
舞台中央のイスに座っているはあちゅうさんとさきっちょさんが、机の
上に置かれたマイクでそれぞれ質問に答えていくというもの。

舞台とはいえ、大学の教室内のことなので私からはたった1m程の距離という近さ。

そして、講演会の流れとしては

 ・"ブログ" の定義、長所や短所などの説明 
      ↓
 ・ 現物を見せていただきました 出版された 【恋の悪あが記】 についての説明、宣伝
      ↓
 ・司会の方からの質問(ブログを2人でやって良かったこと、ブログに対する意識etc)
      
 (10分休憩)
      
 ・講演会出席者からの質問タイム
      ↓
 ・お2人からの挨拶

と、大体こんな感じだったように記憶している。

司会の方の質問もさることながら、お2人の回答はとてもわかりやすく、
打ち合わせはほとんどしていません…とおっしゃってはいたけれど頭の回転の速さ!

さきっちょさんからは、背筋をピンと伸ばしてハキハキとした、明朗活発な印象。
そしてはあちゅうさんからは優しくて穏やかで可愛らしい、女の子らしい印象を受けた。

はあちゅうさんの声がとても好きだなー、と思っていたファンがここに…。

そして、休憩時間にふらりと寄った某所にて偶然はあちゅうさんと遭遇。わお。
いい女塾 のブログや、私の大学についてなど、たくさんお話ができて嬉しかった!!

 『お疲れさまです。(ほんとうはこれが言えただけで満足だった私)』

という一言から、あんなに話を広げてくださるなんて
思いもしなかったので…。はあちゅうさん、や、優しすぎだっ。

そんな優しいはあちゅうさんが、

 『あとで一緒に写真を撮ってください!』


と言ってくださったときには、どうしようかと思ったけれど…(軽く倒れかけた)。

講演会が終わり、会場に居た全員で大きな拍手をして
はあちゅうさんが立ち上がったので、帰る姿を見送ろうとすると
恥ずかしくて前の人に隠れ気味だった私のところへまっすぐ歩いてきて、
一緒に写真を撮ってくれませんか?ともう1度言ってくださって…

もう、ほんとうにありがとうございます!!大ファンです!としか言えない私である。

はあちゅうさんのデジカメがとても小さくてまたもやびっくり。

写真を撮ってくれたのが私の友人だったことをいいことに撮り直ししてもらったりも…。

一緒に写真を撮って頂いたあと、恥ずかしくてすぐに会場を
あとにしてしまったのだが、とても嬉しかったせいなのかほっぺたが熱くて、
しかも興奮して咳がこんこんでていたので友人が心配していた。

熱の冷めやらぬうちに烏丸まで移動して、彼の案内してくれたスイーツカフェへ。

彼が奢るよと言ってくれたので、キャラメルワッフルを
注文したのだが、彼はコーヒーしか頼んでいないはずだったが
何故か2人分のお皿とフォーク、ナイフが運ばれてきた。

?と思っていると、なんと運ばれてきたワッフルは…


上のバニラアイスが美味しかったです


超特大サイズだったのである!!ゆうに3人分はあった(メニューに書いといてよ)。

そのあとはちょっと京都の裏のほうの妖しい通りに行き、
彼おすすめの、"かわのポン酢" メニューのある焼き鳥やさんへ。
とても美味しかった!しんぞうを初めて食べてヤミツキに。


そういえば、初めて よーじや に入った。いかにも京都らしいおしゃれな
店構えに感激し、写真に撮ろうと夢中になりすぎるあまり車に轢かれかけた。


赤と白のモダンな店頭

フェイスパウダーはサラッとしたつけ心地



と、よーじやの宣伝をしてしまったが、楽しく飲んで適度に酔っ払った帰り道。
少しふらついてしまったときに、荷物持つわ。と言ってくれた友人はかなり男前だった。

その後 と合流して、和民(居酒屋) → 漫画喫茶朝までコースに突入。


色気はないけどやっぱり彼がいいな、と思った京都の夜であった。



これを読んで、そうだ、京都にいこう。と思われた方は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-28 00:55 | Usual days

Mar 25, 2005


先程、 さん (20) のブログが恐竜に踏み荒らされる、という事件が起きました。


図シーン!!ドシーン!!

NET DISASTAR



↑のサイトに飛んで、お好きなHPのURLをタイプして
CATASTROPHE ( 災害 ) の種類を選ぶと、あら不思議!


                   by アンモナイト - Ammonite - (みらさん)


自分のHPで試してみたい!と思われた方は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-25 22:26 | Usual days

Mar 23, 2005


早いもので、もう3月も終盤を迎えようとしている。

今日は 最後の1日まるごと春休みdayだったため、
近くの菜の花畑へお弁当持ってピクニック を予定していたのだが
天気がすこぶる悪く、2人とも飲み会で朝帰りなため延期。

昨夜の飲み会オールの前に、ビデオを借りた。



     [es] ドイツ映画 amazonでの評価

         
     [saw]  amazonでの評価



[es] は、有名な心理学実験をもとにした映画で
高校生のときに英語で勉強し、大学生のときは日本語で
勉強していたので私が借りてみたいと言ったもの。

[saw] は、彼が最新作の欄を見て

 『おーっ!』

と歓声をあげたもの。

彼の周りでは面白いと評判らしいが、グロテスクなシーンが多々あるらしく

 『これは観たいけど、 ちゃんと観るのは無理だなー。』

と言って、彼は何もなかったかのようにその場を離れようとした。


ちょっと待った。


無意味に、かつ何の脈略もなく血が飛び散る映画には
確かに私は嫌悪感を激しく抱くし、幽霊を怖がる性格でもある。

しかし、それとこれとは別問題ってやつである。

ホラーは好きではないが、サスペンスを 2人で観るのなら 平気…なのだ。

平気…なはずなのだ。

き…決めつけないで観たいのなら観たいと言えばいいではないか。

そういうわけで、この2本を借りてきたのだった。
今から [es] を観る予定なので、また感想はのちほど。


   --------------------------------------


今朝私が起きたら、彼は私のおばあちゃん特製カレーを温め、
ご飯を炊き、洗濯をして、私のためにビデオをセットしておいてくれた。

申し訳ないのである。



このジャンルの映画は苦手、というものがある人は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-23 17:10 | Usual days

Mar 21-3, 2005


昨夜、彼がバイトを終えてただいまーと帰ってきた。

様子が少し、おかしかった。

いつもなら、真っ先に廊下を走って部屋のドアを開けるやいなや
ベッドに座って何かしらをしている私にぎゅーっと抱きつきにくるのに…

部屋に入ってくると、下を向いてこっちに来ようとしない。

 『おいで?』

と言って、しゃんと座りなおすと膝の上に頭を乗せてしがみついてきた。

どうやらバイト先で、イライラしていた店長に
ひどい言われようをしたらしい。初めて叱られた、と。

一緒にお風呂に入っているときも、ミスをどうやって減らすか話し合って…。

高いお給料をもらっているのだから、それだけ大変なのだろう。

私じゃ、話を聞いてあげることくらいか…と
恵まれたバイト環境に居る自分を恥じていたら、

 『家に帰ってきて ちゃんが居てくれてほんとうによかった!』

と言ってくれた。どうして?と聞くと、

 『だって俺 ちゃんが居なかったら精神的にやってけないよー…』

とも。

仕事でつらいことがあっても、口に出して誰かに伝えて
きちんと分かってもらったうえで、アドバイスをもらったりすると
案外なんでもなかったと思えることって少なくないと思う。

だから、私は彼にとってそういう存在になりたい!と、いつも考えている。

話したいのは、決して女の人だけではないのだから。



やっぱり、いい女といえば聞き上手!という人は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-21 22:07 | Usual days

Mar 21-2, 2005


今日はまじめに、 のお話。

このあいだの金曜日、私たちはデートの道すがら
とある駅構内の長い長い上りエスカレーターに乗っていた。

私たちは、毎月15日にそれぞれ15,000円ずつを同じお財布に入れている。

10,000円×2=20,000円 をその月の2人の食費、
5,000円×2=10,000円 をその月のデート代にしている。

こうすると、無駄なお互いの出費が抑えられるから
自分のお金は純粋に自分につかえるよね、と話していた。

プラス、彼は毎月35,000円を貯金している。

自分でバイトをして、毎月およそ130,000円稼いでいるとはいっても
部活もし、家賃や光熱費も払いながらだとなかなか簡単ではない額である。

その貯金の話になったとき、彼がなんとなしにこう言った。

 『2年間だけど、大学院行くお金もいるしねー。』

私は、黙り込んでしまった。

付き合いだした当初から、彼は誠実な人だった。

まだ1ヶ月も経っていないような頃から、私の父に挨拶したいなどと
言い出して、そのときはあまりに突然でとても驚いたことを記憶している。

やっと1年経ったと思えば、春になったら両親に会ってほしいなどと言い出すし。

一緒に暮らしていることは勿論お互いの両親に見守ってもらっている。
けれど、お互いの両親を呼び出して、もしくは訪れてまで挨拶するなんて…。

結婚を視野に入れてくれ、と言っているようなものではないか。

まだ大学も卒業していないような私たちには、少々早すぎはしないだろうか。

とはいえ、お互いの存在が心のよりどころとなっている今、
このままいつまでも一緒に居るために結婚しようという話もする。

けれど、私は周りと比べ、結婚したいという願望がさして強いわけではない。

ただ、できるだけ若いうちに子供を産みたい、
できるだけ自分の感性が若いうちに母になりたいという
気持ちだけは昔からとてもとても強いのである。

理由は若いほど産後の肥立ちが軽い…などもっと深いのまでいろいろある。

私は今、20歳である。このまま、ストレートに大学を卒業することが
できたとしても、妊娠期間も含めてママになれる最短年齢は25歳なのだ。

少子化が進む昨今では、立派に若い母親かもしれない。

けれど、20歳前半で母親になりたいという私の夢は叶えられそうもない。

そのうえ、彼は、結婚はしたいのだけれど
子供は欲しくないという私と正反対に近い考え。

 『子供ができたら ちゃんは絶対に子供ばっかりに
      かまいっきりになってしまうだろうから、俺は欲しくない!!』

と、今までに何10回言われただろうか。
しかもそれが当たりそうなので何とも言えない…。

そういうわけで、私は彼が大学院を卒業するまで、なんて
とても待っていられないだろうと思い、エスカレーターを降りると

 『でも、 が大学院に行くのなら との結婚は、ないだろうな。』

と言った。下手に期待させておくほうが罪ってもんなのである。

 『えっ!?…なんで?なんで?』

 『だって、私は早く子供が欲しいもん。だから、
     もっと早く結婚できる人を見つけて結婚すると思う。』

 『…え、でも、俺大学院か留学に行くかどっちかにしようと思ってて…』

 『じゃあ、留学でいいんじゃないの?』

と言ってから、彼は一切大学院進学を口にしなくなってしまった。

私は悪い女なのだろうか…?と思う。
可愛い小悪魔には、きっと程遠いのだけれど。



結婚願望というものが、少しでもある!という人は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-21 20:16 | Usual days

Mar 21, 2005


いい女塾B組に参加している者たるもの、
そろそろいい女になるために努力しているところを
見せねば!という気になってきた私である。

フランスのとある女優は、スタイルキープのために1日水を10ℓ飲むそう。

ふむふむ…と思い立って注文してみたのが、これ。


ORBISはとっても良心的で  配送も早いし、とってもオススメ!



 ORBIS THE NET 華実プーアール茶である。

なんでも、プーアール茶特有の成分「没食子酸」が
脂肪に働きかけてくれるというダイエットティーなのだそうだ。

ハマナスの花の香りと、ライチの自然な甘みを楽しめるということらしい。

私は今月経の痛みに苦しんでいる身ということもあり、
食欲が全くわかず、日々寝て起きての繰り返し状態なのだが
ティーポット ( マグカップ2杯分 ) を日に6,7杯愛飲している。

つまり、計算上では私はこれを1日にマグカップ14杯飲んでいることになる。

これを続けるうちに、不思議な生活サイクルが生まれた。
ティーポットの中身が空になると、いそいそとお湯を沸かしにいく。
そして、そのついでにキッチン横にあるトイレに足を向ける。

そうなのだ。私は華実プーアール茶を2杯飲み終わると、
必ず次を沸かしに行く帰りにトイレに寄る習慣ができたのだった。

これは素晴らしいことである。むくみも取れるし、体内は綺麗になっていくし。

しかも、徳用サイズ ( 30袋入 ) でも 税込1,470円 という安さ。
高い紅茶をガブガブ飲むとすれば気が引けるけれど、これならお得!

お腹をぺったんこにしたい人には、試す価値アリである。



やっぱり、いい女といえばくびれでしょう!という人は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-21 17:42 | Usual days

Mar 20, 2005


今日も今日とて、春とはなんと不甲斐ない季節なのだろう。

そういえば愛しい我が家の近くには花畑がある。
私たちの県は菜の花で有名らしく、菜の花でいっぱい。

数週間も前から彼はお弁当を持ってピクニックに行こうとしきりに誘ってくる。

 『お弁当は、俺がつくるから!ね!行こう行こう。絶対行こう!』

という言葉ひとつで、私を動かせるとでも思っているのだろうか?

 『えー… ( 明らかに長すぎる沈黙 ) 。』

 『じゃあさ、俺、たこさんウインナーつくるから!あと、うさぎも!!ね?』

アホじゃないだろうか?私は幼稚園児か。まったく。
20歳にもなったら、もっと大人エッセンスのあるお弁当…を…


これぞ幼稚園のお弁当  smileママさんからお借りしました







たっ、食べたいっ!!!


 『行くっ!』


ということになってしまったのだった。 アイタタ…

とはいえ、菜の花の香りは決して嫌いではない。むしろ好きだ。
せっかく春休み中だし、近くに公園があるのなら、行ってもいいと思う。


歩いて10分のところにあるらしい菜の花畑


23日に行く予定なので、また機会があったら写真つき日記を書きたいと思う。



菜の花といえば、春の訪れ!と感じてしまう人は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-20 23:49 | Usual days

Mar 19-2, 2005


 『もし、俺が逃げたとしたら ちゃん絶対追っかけてきてよね!!』

と、であるはずの人から乙女の読む雑誌度100%な発言をされた。
春という季節は、暖かい風と、咲き乱れる花々と頭の沸いた人を連れてくる。

私たちは昨日、15回めの記念日を祝って靴を買いに行った。

23日に店じまいをするらしいその靴屋で、
たっぷり1時間吟味して2足ずつの靴を買った。

が大学生になり、この地方に引っ越してきてから初めての靴だった。

それからというもの、彼はとてもとても嬉しそうで、帰宅するなり
ベッドの上で靴箱を利用した彼個人のシューズショーが開催された。

そして彼はその日、 にメイクポーチをプレゼントしてくれていた。


   春らしい彩色のリボン付きメイクポーチ


水玉の部分から、透けてぼんやりと中身が見える仕組み。
ファスナーの持ち手の部分がサテンのリボンになっていて、可愛い!
ありふれたデザインだが、そのぶん便利性が追求されている。

 『こういうのって、意外と高いもんなんだなー。』

と言って渡してくれた。

こういうものをごく自然にプレゼントしてくれるとき、
彼とはなんて大人で、スマートな恋人なんだろうかと思う。
靴を履いたまま寝ようかな、なんて言うの以外はね。



やっぱり、メイクポーチは女の子らしくなきゃ!という人は→ くりっくくりっく!

[PR]
by fu-ta-ri | 2005-03-20 06:50 | Usual days


1LDK / 主夫・恋人付生活
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
くりっくくりっく
いい女塾GO!GO! - いい女になりたい女いい女塾
------------

おniku大好き - みぴこ・さぴこさんの素材HP。ぱんだこぱんだ。
ライフログ
はなればなれclammbon
Ben Folds Five
ClosingTime TomWaits
VeryBest FatsDomino
最新のトラックバック
play free ch..
from play free ches..
rachael yama..
from Sky view info
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
watch Elektr..
from My movies revi..
southern big..
from News trend world
medical news..
from News trend world
Ice Age full..
from movies
full length ..
from how to write a..
Glimmer Man,..
from movie trailer ..
online Pay I..
from latest film re..
full length ..
from format of a fi..
Thursday ful..
from how to write a..
divx Net 2.0..
from historical rev..
watch Brothe..
from free movies
Best online ..
from New better fio..
Alien video ..
from travel trailers
Casino Royal..
from dvd media revi..
full length ..
from dvd media revi..
divx Chocola..
from latest film re..
Pacifier, Th..
from dvd software r..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧